1. 目的
  2. 素数をグラフ化するとどうなるのか疑問に思ったので、自由研究課題として素数のレーダーグラフを作成した。
    使用ソフト:LibreOffice

  3. 方法
  4. まず素数を用意するために、下記のマクロプログラムを作成した。
    Sub Main
    dim	sheet as object
    dim	cell as object
    sheet = thiscomponent.sheets(1)
    for x = 2 to 10000
    	for i = 2 to sqr(x)
    		if( (x mod i )=0 ) then 
    			i=0
    			exit for
    		endif
    	next
    	if( i<>0) then
    		cell = sheet.getCellByPosition(0,y)
    		cell.value = x
    		y=y+1
    	endif
    next
    End Sub
    上記のプログラムにより、2以上、10000以下の素数を作成した。
    (2,3,5 ... 9949,9967,9973 : データ数1229個)

  5. 結果
  6. 結果を下記に示す。
    比較のため、対数、平方数についても同様のグラフを作成した。
    (こちらはデータ数を100個とした)



  7. 考察
  8. これらの各グラフを比較すると、素数グラフが最も美しい螺旋形グラフとなった。
    螺旋の形状としては、黄金比を用いた黄金螺旋にも似ている。

    今回はデータを10000以下としたが、時間をかければもっと大きな素数まで作成することができる。もっと多くの素数においても、極端に形状が変形することなく螺旋が続くのか興味深い。