Asembler for IchigoJam

SRC

BIN

     start address

略号の書式について

  • ※Rd = Rd (ビット演算子) Rm の書式は Rd (ビット演算子) = Rm になります。
    (例:Rd = Rd & Rm → Rd &= Rm)

IchigoJam マシン語解説ページ

更新

  • 2017/12/10 goto文の飛び先修正
    BX 命令修正
    BAL 命令削除
    ハイレジスタ(R8-R15)関連コマンドの修正
  • 2017/05/24 文法エラー行の表示を修正
  • 2017/04/26 IchigoLatte用アセンブラ追加
  • 2017/02/23 文法エラー行の表示と、行末にコメントを記述できるようにした
    行末のコメントは、1つ以上のタブまたはスペースの後に「'」に続けて書く
    (例: MOV R0,R1 '代入)
  • 2016/09/01 (by toshi)
    ラベルの飛び先修正
    アセンブラニモニック追加
    分岐条件追加
  • 2016/05/13
    R0=[R1+R2] W
    [R0+R1]=R2 W
    で16bit読み書き
  • 2016/04/03
    PUSH POP GOSUB GOTO Rn などの命令
    サンプルコード表示、先頭アドレス指定
    16進表記
  • 2016/03/29
    出力欄上のプルダウンでbinaryを選ぶと、16bitづつ 2進数表記で出力。

    Rn = [ @label ] でPC相対ロード(32bit) @label番地の内容をレジスタへ。
    アドレスが4の倍数(下一桁が0 4 8 C )になるようにdataなどで調整してください

    Rn = PC+@label @labelの実アドレスをRnへ。
    (省略形 Rn = @label)

    [R0+0]=R1 L など ロードセーブ系の末尾にLを付けると32bit転送
    Wで16bit  Bまたは何も付けないと8bit転送

    data 0,1,2,3,... で8bitデータ埋め込み
    data L 0,1,2,3,... で32bit
    data W 0,1,2,3,... で16bit
  • 2016/03/20 goto系でラベルを使えるように

License

このファイルはCC0 パブリックドメインとします
ニーモニック、マシンコードなどは、元々の作者のかたに帰属しますので各ライセンスにしたがって使用してください。

オリジナルは、以下のページになります。
Asembler for IchigoJam